お知らせ NEWS

2022.05.01 人となり

住宅の設計に必要なもの

久しぶりに住宅の設計をしています。
30坪程度の小さな家です。

私自身、以前に比べて住宅に対する思想が少しずつ変わってきていると実感します。
何十年と住む建主の将来を想うと(敷地条件が許せば)一階で生活が完結する間取りも良いなと感じます。

心身が一番健康な時に家を建てることが多いので、やはり派手でテンションが高めの設計になりがちです。

設計者にとって是非取り入れたい絶景があったとしても、それは住み手にとってはすぐに日常になってしまいます。

住宅の設計は、まずは何十年も続く日々の生活を過不足なくキチンと設計する事が何より大切で、
その上で、生活にハリを与えるささやかなデザインの仕掛けを少しだけ施せば良いのだと感じます。
その順番が逆になってはいけないのだと考えています。

  • 一覧へ